Skip to content

神神化身短歌まとめ

📅 2021-10-30

神神化身の二次創作短歌まとめです。本当はページを作りたかったのですが、短歌カテゴリをメニューに入れようとするとちょっとブログのコード変えないといけないので一旦ここにまとめておきます。(後で移動するかも)

一部CP要素のある作品を含みます。

祈り

観囃子歌会第一回「祈り」に参加した作品です。(2021/8/14)

とのこと。

kamishin-tanka-inori

祈られて叶えた願いは幾千とけれど舞い手はいずれ去りゆく

再会の為に与えたのが契り 歌舞極めんと捧げよ祈り

我々は歓心受けてかたち生しヒトの祈りで宵に目醒める

明け方

観囃子歌会第二回「明け方」に参加した作品です。(2021/8/28)

メイキングっぽいやつ

kamishin-tanka-akegata

薄い月と目があったの午前四時そこにいること知っているので /昏見有貴

小言云う君は一日の始まり 俺は長い夜闇の終わり /栄柴巡

視聴者が減ると朝だと気づくよね 俺だって寝るよ3時間は /九条比鷺

観囃子歌会(確か)第三回「声」に参加した作品です。(2021/9/11)

kamishin-tanka-koe

失くした人を声から忘れるのなら残るのはもう温もりだけ /八谷戸遠流

酒場のざわめきと静寂の間マスターと呼ぶ声に応えて /昏見有貴

円環

観囃子歌会(確か)第四回「円環」に参加した作品です。(2021/9/25)

2首目は完全に「月はまた昇る」ショックの最中のやつです。私は3首目が気に入ってる。

kamishin-tanka-enkan

永遠の中でさえ君に会いたい 刹那の記憶ここにあるから /永遠と刹那の幼馴染

私たち違う関係だったかも? 断言します これが大当たり /皋所縁と昏見有貴

八雲の夜三世の縁たずさえてともに巡れば恐れなどなし /御斯葉衆

ゆかくら短歌

所縁と昏見のことを考えて短歌を色々こねくり回していた。(2021/9/30)

1

3首目が気に入っているのですが、これも完全に「月は昇る」のことを考えている。

kamishin-tanka-yukakura-1

日に向かう花になれずとも光さす方角示すしるべでありたい

温もりが後ろ髪強く引いても過ぎた願いを叶えなければ

本当の魔法見せてあげましょう タネと仕掛けに満ちた世界で

黄昏か夜明けの空によく似てる愛した世界の全部見つめて

2

kamishin-tanka-yukakura-2

本当と嘘の割合一対万 君なら明かしてくれるでしょう?

月明かり変わらぬ真実まこと照らしても知るのが怖くてそっと隠した

3

多分これが最初に作ったやつでなんだかんだこれが一番気に入っている。

kamishin-tanka-yukakura-3

私たちカミの冥加も運命も持たぬことこそ確かな絆

月見

観囃子歌会テーマ「月見」に参加した作品です。(2021/10/10)

大磯に向かう電車の中で考えていた。

所縁と昏見。31字だけど五七五七七のどこでも区切れない歌。

kamishin-tanka-tsukimi

今見えずとも月はあるので瞳は空でなくこちらに向いてた

観囃子歌会テーマ「月見」に参加した作品です。(2021/10/23)

水鵠衆

水鵠衆にしたのはあんまり深い意味はなかったと思うんですけど、罪のない人間はいないので、それを抱えているのが一番人間らしくカミに抗う水鵠衆っぽいのかもしれない。

kamishin-tanka-tsumi-1

君つくるチーズケーキの独り占め、いいでしょ悪い人間だから /七生千慧

何もかも顧みぬこと捨てること舞奏だけ心残して /阿城木入彦

偽りに偽り重ねて真になるされば重ねて贖われんや /拝島去記

皋所縁

3パターンくらいこねて結構迷ったはず。罪を消し去る罪というのを考えていた。

kamishin-tanka-tsumi-2

罪のない世界を求める本願の負うべき重さは如何ほどなるか

← PrevNext →
  • © 2022 by Idee. All rights reserved.