Skip to content

十一月の勝者

jyuichigatsu-no-shosya

霜月のプレイボールは日が落ちてビールの味はよくわからない

寒空に指先擦り合わせてもスープでなくてカツサンド買う

マウンドに立つのはひとり宿命を背負って君は軽く頷く

「大丈夫」背を押すように拍手するボール握ったこともない手で

反撃の号令はひと振りでいいホームランボール狼煙のように

歓声を上げられずとも変わりなく前世紀から振っている傘

終電の時刻を知らすアナウンス三宮まで帰れなくていい

決着のボールは落ちたレフト前、十一月の勝者選んで

抱擁は海も時をも飛び越えて託された荷を下ろすいつかだ

吐く息は白く空っぽのグラウンド ビールの似合わない冬が来る


ゆにここカルチャースクールの「ぎゅぎゅっと! 推しと短歌」という講座で作った短歌連作です。

私にとっての推しを考えた結果、忘れたくない、一番夢中になった十一月の日本シリーズ、贔屓の野球チームをテーマに作りました。

一ヶ月くらい推敲して、最初よりも良い作品が作れたと思っています。

  • © 2022 by Idee. All rights reserved.