Skip to content

一日

カイオエの連作短歌です。

ichinichi-day

空っぽの部屋に朝日は輝いてこの()の中で生きてるひとり

真実を暴き傷つけ奪っても相も変わらず日向が似合う

曇天の切間で燃える夕焼けの激しさをまだ解せずにいる

ichinichi_night

真夜中に降る雨音を忘れたてたおまえの胸に耳を寄せるまで

キャンディもいつかは溶ける甘い夢。覚えていたいどうしたらいい?

消えないで忘れないでと言えるほど分かり合えない、でもそばにいたい

  • © 2022 by Idee. All rights reserved.